植毛

男性の大きな悩み!薄毛対策に有効な植毛技術を紹介するサイト

後頭部の髪の毛さえあれば自毛植毛はできる

基本的に、自毛植毛は後頭部の髪の毛さえあれば実施することができるため、一部分の薄毛に関しては気にする必要はありません。なぜ後頭部の髪の毛さえあれば自毛植毛ができるのでしょうか。自毛植毛で利用する髪の毛は、脱毛症に繋がる物質が含まれていないことが条件になります。例えば、脱毛症には男性型脱毛症という症状がありますが、この脱毛症は男性ホルモンが特定の酵素と結びつき、それが男性ホルモン受容体という部分と反応することで脱毛症を促します。
人間の頭皮には、こうした脱毛症に繋がる男性ホルモン受容体という物質が存在する髪の毛と存在しにくい髪の毛があるのです。自毛植毛では、男性ホルモン受容体が存在しにくい部分の髪の毛を使う必要があり、この髪の毛は主に人間の後頭部や側頭部に生えています。
男性患者の中には、全体的に薄毛になっているのに側頭部や後頭部の髪の毛が非常に多く残っている人が大勢います。見かけ上はバーコードのような状態になっているのですが、こうした症状になるのは髪の毛の性質によって抜けやすい部分と抜けにくい部分が存在するからです。ですから、自毛植毛を行う際には抜けにくい部分の髪の毛を再利用するため、後頭部の髪の毛さえあれば手術ができるわけです。